毎日の掃除とインテリア

私の家の部屋は全部和室で、畳が敷いてある。

家を建てた当初はそのまま使っていたのだが、

畳の上にカーペットを敷いて使っている部屋もある。

ガラス窓とカーテンになっている所がそれでも良いが、

障子をはめてある部屋の場合は和洋折衷という趣だ。

家のインテリアを決定するのは父なので、子供の私には

意見の言いようがない。当然のことながら和室と和洋折衷部屋の

掃除の仕方が変わる。どちらかにしておけば混乱しなくても

すむのだが、埃の払い方ひとつにしても下に敷いてある

カーペットと畳への影響が変わるので、工夫を凝らさなくてはならない。

下に敷いてあるカーペットも毛足が長いタイプと短いタイプでは

かなり違う。毛足が短いと掃除機を強にしなくても簡単に済むのだが、

長い場合は少し強めにしないと表面のごみやほこりが吸い取れない

場合がある。和室の場合は掃除機は極力使わず、ほうきと雑巾がけで

掃除を済ませる。掃除機を利用する時はごみの量が多い時に限っているが、

大抵の場合ほうきでごみを掃いて塵取りで集めればよい。雑巾がけは

かたく絞った濡れ雑巾で、畳を拭いていく。

掃除が終わったばかりの部屋を見ると、全体がワントーン明るくなって

気持ちが良い。今後は掃除方法を必要に応じて変えながら、

発展途上のインテリアと共に改善したいと思っている。

PR|http://777fukujin.net/trader/