投稿日:

大量のコレクションの処分が大変!

茨城のお祖母ちゃんが亡くなって遺品整理をした時の事です。お祖母ちゃんは若い頃から日本のあちこちの温泉にお祖父ちゃんや、友達などとわいわい行くのが大好きな人でした。そして、行った先でこけしを買うのが趣味だったのです。そのコレクションたるや、物凄い量でした。大きいものから、小さいものまで、しかも、こけしだけじゃなく、キーホルダーのようなものも一緒に買ってきて、壁一面、キーホルダーだらけで、こけしは大きなガラスケースの棚に本当に一体何体あったのか数えきれないほどでした。

おばあちゃんが亡くなった後、母はそのこけしとキーホルダーの処分に困りました。洋服などと違って、こけしなんかは特に、魂が宿っているようで、むやみに処分するのが躊躇われたからです。しかし、そのまま置いておくにはとにかく場所をとりますし、何となく、私なんかはちょっと怖いと思っていました。

結局、先ずはこけしもキーホルダーも、遺品分けとして親戚や友達で欲しい人がいたら欲しいものを持って帰ってもらいました。で、残った分は、人形と同じ扱いで、近所のお寺に持っていきました。快く引き取ってもらえ、助かりました。